夏のお悩み!子供のあせもの予防と対処法

もうすぐ梅雨明け。
太陽の下で思いきり遊べる楽しい
夏の到来です。

しかし沢山遊んでほしいと思う反面、汗だくで帰ってくるとちょっと気になるのは子供のあせも…
首や関節の裏など、赤く痒みが出ないように気を付けてあげたいものですよね。
子供は大人に比べて皮膚が薄いためあせもは出やすいのですが、日頃からのケアをするとしないでは大違いです。

今回はそのケア方法と、もしあせもができてしまった場合の対処法をご紹介します!

子供のあせもはなぜできるの?

子供は大人よりも体温が高く、汗をかきやすくなっています。
そして大人に比べて皮膚が薄く、バリア機能も弱いため、多量の汗をかいたまま放っておくとそこから炎症が起きてしまい、結果あせもとなってしまいがちなのです。

あせもを防ぐ日頃からのケア

ではあせもを防ぐにはどうしたらいいでしょうか。
まずは汗をかいたらすぐに拭くことです。
ねんねの赤ちゃんであれば肌着や体の下のタオルをまめに替えてあげましょう。
関節や皺の部分などは汗が溜まりやすいので、濡れタオルで拭いてあげるのも効果的ですよ。
擦らずそっと抑えるように、拭いたらしっかり乾かしてあげてください。

動きの活発な幼児の場合は、外にいる場合はまめにタオルで汗を拭き、帰宅後にぬるめのシャワーで汗を流せるといいですね。
汗をかいたまま放っておかないことがポイントです。
もう一つ、汗を吸いやすい綿素材の肌着を着用するのもいいですよ。
冷感素材のものもありますが、こちらはほとんどが化学繊維でできています。
子供には肌に優しい自然素材がおすすめです。

あせもができてしまった時の対処法

あせもができてしまった時、対処法は予防方法と変わりません。
皮脂や汚れが汗腺に詰まって炎症を起こしている状態なので、まめに水で流して肌を清潔に保ちましょう。
痒くて肌を搔いてしまう時は、保冷剤などで冷やしてあげると痒みをおさえてくれますよ。
1週間ほどしても症状が改善しない場合は皮膚科か小児科を受診してくださいね。

いかがでしたか。今回は、子どものあせも予防と対処法についてお話をいたしました。
これから夏に向けてどうしても汗をかいてしまうとあせもになりやすくなりますが、
日頃からのこまめなケアが予防のポイントとなりますので、気を付けてあげてくださいね!

関連記事一覧

string(16) "post_side_widget"