夏のお弁当作りにおすすめ!傷みにくいおかずレシピ

毎日のお弁当作りに励むお母さんたち、お疲れ様です。
夏場のお弁当は傷みやすいので、他の季節よりもメニューを考えるのは難しくありませんか?
そこで今回は、朝の忙しい時間帯でも手間がかからず、そしてなるべく傷みにくいおかずを3品ご紹介します。

ポイントは、殺菌効果のある食材を使用する、なるべく水分が出ないようにする、ちょっと濃い目の味付けで中までしっかり火を通すことです。
ぜひお試しくださいね。

ミニトマトの甘酢漬け

お弁当の色どりとして普段はとっても頼りになるミニトマトですが、実は生野菜は水分が多いため夏場のお弁当には不向きなんです。
でもトマトは入れたいので…ちょっと一工夫。
殺菌効果の高いお酢を使って、甘酢漬けにしてしまいましょう。
ほんのり甘いので子どもも食べやすいですよ。

近頃は漬けるだけでOKの調味酢も販売されているので、液を作る必要もなくとても簡単に作れます。
半分に切ってしまうとお弁当箱の中で水分が出やすいので、できればそのまま詰めてくださいね。

梅とじゃこの混ぜご飯

お次は梅を使ったさっぱりとした混ぜご飯のご紹介です。
混ぜご飯には雑菌がわきやすいのですが、こちらも殺菌効果のある梅を使っています。
梅だけだと子供は嫌がる子も多いかもしれませんので、じゃことゴマを入れてちょっと香ばしく、食べやすくしてみましょう。
大人の分には大葉を刻むとより美味しそうです。

暑いときはご飯の進みが悪くなりがちですよね。
でも夏バテ防止のためにもしっかり食べてほしいので、ほんのり酸っぱくてさっぱりとした混ぜご飯はおすすめですよ。

めかじきのカレーチーズ風味ピカタ

最後はメイン料理をひとつ。
お魚の嫌いな子でもパクパク食べられる、めかじきのカレーチーズ風味ピカタです。
カレー粉と粉チーズを混ぜた卵液に、小麦粉をまぶしためかじきをくぐらせてフライパンで焼くだけ。
お魚は火の通りが早いので忙しい朝に作るのにもおすすめです。

またスティック状に切ることで、フライドポテトのような感覚でサクサク食べられます。
食欲をそそるカレーの匂いもいいですよね。
お魚の臭みも消してくれます。
スパイスの入っているカレー粉も同じく殺菌効果があるので、お弁当にもバッチリです。

いかがでしたか。今回は、夏のお弁当作りにおすすめ!傷みにくいおかずレシピについてお話をいたしました。調味料などの工夫を少しするだけで殺菌効果が上がるので、夏のお弁当作りの参考にぜひしてくださいね!

関連記事一覧

string(16) "post_side_widget"