夏休みにチャレンジしたくなる勉強本3選

何かにチャレンジするのに、夏休みはぴったりですが、勉強にチャレンジさせるのはなかなか難しいですよね。
そこで今回は、こどもたちが自分からチャレンジしたくなっちゃうような本をご紹介したいと思います。

「満点ゲットシリーズせいかつプラス ちびまる子ちゃんの時間の使いかた」著者 : さくらももこ ( キャラクター原作 ) , 沼田 晶弘 ( 監修 )

アニメでおなじみの「ちびまる子ちゃん」が、時間を上手に使うためのコツを教えてくれる一冊です。
まんがを読みながら勉強できるので、読書が苦手なお子さんにも親しみやすい内容になっています。

「ついダラダラしちゃう」「“早くしなさい”とよくしかられる」など、こどもたちにありがちな部分が、まんがやコラムを読むことで、しめきりを意識したり、段取りができるようになったりと、時間の使い方が上手になる本となっています。

「学校では教えてくれない大切なこと(1)整理整頓」 編集 : 旺文社 / イラスト : 入江久美

片付けなさい!整理整頓しなさい!と、毎日家にいる夏休みは、ついいつもより多く𠮟っていませんか?
そんな方は、こちらの本をお子さんに読ませてみるといいかもしれません。
こちらのシリーズは、小学生に人気のシリーズで、学校の図書室にも置いてあることが多く、小学生に親しみやすいマンガで、生活に必要な知識やテーマをわかりやすく解説してくれます。

整理整頓が得意になると、身の回りをきれいにできることにより、勉強もはかどるようになると言います。
お子さんと一緒に、整理整頓を学んでみると、整理整頓の得意なお子さんに生まれ変わるかもしれません^^

 

この投稿をInstagramで見る

 

高橋 あずみ(@azumiii.takahashi)がシェアした投稿

「イラストで直感的にわかる小学英語ワークブック 小学生のうちから学んでおきたい英文法が身につく」 著書 : 守屋佑真 / イラスト : いとう みつる

かわいらしいイラストで、英語の文法をわかりやすく解説してくれているので、難しく考えずに苦手に思われがちな英文法が理解できる一冊です。
小学校では今や英語は必須科目として授業に組まれており、英語に触れる機会も多くなっています。こちらの本は、そんな英語の文法が、キャラクターを使って、感覚的に学ぶことができます。

先生や友達などの、身近なテーマが使われ、親しみやすく理解がしやすくなっています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

こどもまなびラボ公式 │ 子どもの学びを支える教育メディア(@kodomomanabilabo)がシェアした投稿

今回は、夏休みにチャレンジしたくなる勉強本についてお話いたしました。子供たちが楽しく学べるように可愛いイラストがたくさん使われていてとても読みやすい本ばかりです。

子供たちの苦手克服にもぜひ活用してみてください^^

Pic-Do! for kidsの『アクリルフォトグッズ』は、こちらから お買い求めいただけます。

関連記事一覧