夏を感じるおすすめ絵本3選

夏は、夏休みや、お盆など、おこさまとすごす機会が増えますね!
海やバーベキューなどのレジャーもいいですが、今年は、少しおうちでゆっくりおこさまと本を読むのはいかがですか?

今回は、そんな夏らしさを感じられる絵本をご紹介したいと思います。おこさまのプレゼントや、一緒に読んでみて欲しいご本です^^

「セミくんいよいよこんやです」 作・絵:工藤ノリコ

『のらねこぐんだん』シリーズの作者さんの工藤ノリコさんが描かれた、地中で暮らすセミくんが主人公の絵本です。絵本は、地中のセミくんに、「セミくん、いよいよ今夜です」と一本の電話がかかってくるところから始まります。
カラフルできれいな絵が、虫の苦手なおこさまにも受け入れやすく、セミくん以外にも、たくさんの昆虫が出てくるので、虫の大好きな子にはとても楽しめる絵本です。

夏、外でミンミンと鳴いているセミが、実は土の中にいた、なんてことをお勉強できる一冊ですね!

「なつのおとずれ」 作・絵:かがくいひろし

梅雨あけから夏のおとずれを描く、「だるまさん」シリーズの作者、かがくいひろしさんの絵本です。気象予報士のかたつむりが、「梅雨明けはもうすぐでしょう」とおひさまに告げることで、夏がやってくる、楽しい絵本です。

メロン、スイカ、セミ、カブトムシ、かぎごおり……。日本の夏の風物詩がせいぞろいするこの本は、まさに読んでいるだけでわくわくしてくる気持ちになれます。
こどもたちの大好きな「夏」が、たくさん詰まった一冊になっています。

「ぷかぷか」 作・絵: 石井 聖岳

読むだけで癒される、そんな夏に読みたい絵本がこちら、石井聖岳さんの『ぷかぷか』です。
夏らしい、どこまでも青い空が印象的なこちらの絵本の主人公は、海にいるタコ。空を飛んでみたいタコが、もし空を飛べたらどうやって飛ぼう…、とのんびりと想像するお話です。

ゆる~いのんびりしたタコの表情と、波間を漂うようなリズムが、読み終わったあとに思わずほほえんでしまうような一冊です。
少し遊び疲れた日に、この絵本を読んで、のびりと夏を味わいましょう^^

今回は、夏を感じるおすすめの絵本についてお話いたしました。
夏をイメージさせる、せみやカブトムシ、スイカやメロンが登場するので
読むだけで夏を楽しめる絵本ばかりです^^
お出かけがむずかしいときは夏の絵本を読んで想像を膨らませましょう☆

Pic-Do! for kidsの『アクリルフォトグッズ』は、こちらから お買い求めいただけます。

関連記事一覧